FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Webサイトって

ニャン3・21
いつもながらに”うざい”って思われているようです。

Webサイトを作るときに、大規模なサイトになればなるほど

いろんな作業が出てきます。

参考資料です。Web情報アーキテクチャ―最適なサイト構築のための論理的アプローチでも、規模が小さくなったとしても、

情報をカバーする範囲が小さくなるだけで、

サイトを作るのに必要な分野の数(?必要な技術と言った方が・・)は

ほとんど変わらないのが現実ではないかと思います。


  1. サイトを作る指揮をとる       プロダクトマネージャ

  2. 実際にサイトを作る         プログラマ

  3. サイトの見た目を作る        グラフィックデザイナー

  4. ユーザの気を引く言葉を作る   コピーライター

  5. 作ったサイトを広める        マーケティング担当者

  6. サイト全体の内容を整理する   情報アーキテクト担当者


このブログも”サイト”です。

このFC2さんのように、
”書くだけ”に専念できるように設計されたサイトでは、

ブロガーはさっき挙げた技術分野をFC2さんに
任せているという事になります。

また個人で運営している場合には、
このすべてをやっているってわけです。

個人的な意見として、なんか難しい言い回しになりましたが、

別に自然にやっていることを、
言葉にすると難しくなるってことに聞こえますね。
(心理学もそういう感じがします。
学者さんは感覚的なことを言葉で説明できるようにするのが仕事なんですかね?)

この中で情報アーキテクト(サイトの構造を整える人)の役割は

サイトの製作者がやろうとしていることと、

出来上がったサイトを使う人が求めていることをつなげるように、

調整するのが仕事になります。

それには、ユーザの目・製作者の目、そして第三者としての目が必要と言われています。

このアーキテクトの仕事は、”すご~~~く地味で”

この作業のおかげで結果が出ているのかわからないような場合もあります。

しかし、ユーザに有益な情報を届けるのは、

何をおいても必要なものだと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://benrinyan.blog122.fc2.com/tb.php/14-7f3aa9ca

 | HOME | 

猫のブログ満載!「ねこのきもちweb」

Appendix

iwanyan

iwanyan

ネコとPCがすきな便利屋です。
その日に感じたことをジャンル問わず書いてます

Calendar

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Categories

Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。